内臓脂肪を減らす!薬,やサプリのおすすめ

内臓脂肪と体脂肪率

 

内臓脂肪は生活習慣病の元にもなる、非常にタチの悪いもの。この内臓脂肪を考える上で、体脂肪率を測定することは参考になります。体脂肪率とは、体重に占める体脂肪の割合のことを言い、パーセントで表されます。通常、健康的とされる体脂肪率の目安は、男性は10?19%、女性は20?29%程度と言われています。ですから、体脂肪率がそれ以上になると、肥満という状態になります。

 

体脂肪率から、軽度肥満、中等度肥満、重度肥満とレベルによって分けられており、男性であれば、体脂肪率が20%以上で軽度肥満、25%以上で中等度肥満、30%以上で十度肥満と呼ばれます。また、15歳以上の女性であれば、体脂肪率が30%以上で軽度肥満、35%以上で中等度肥満、40%以上で重度肥満と呼ばれるようになります。女性の場合は発育上、15歳くらいから脂肪の割合が増えているので別に尺度が設けられています。

 

この体脂肪率は、今は家庭用の体重体組成計(体脂肪計)でも簡単に測定することができます。ただ、よく言われているように、体脂肪率の測定値は、体内の水分量などによって変動しやすいため、食後2時間以上あけてから、なるべく同じ条件で測定するように心がけましょう。そして毎日の結果に一喜一憂しないで、継続してチェックしながら自分の体脂肪率の数値を把握するようにします。そうしないと計測ミスの際に油断したり動揺したりしてしまうからです。できるだけ毎日同じ時刻に測定するなど、測定方法を決めて守り、自分の体脂肪率を正しく計測できるように心がけてみましょう。

 

そして、体脂肪の中でも、とくに生活習慣病と関係が深い内臓脂肪の割合を正確に知りたい場合は、病院で検査を受ける必要があります。病院では、内臓脂肪型肥満の定義を、腹部CT検査により、へその位置で内臓脂肪の面積(断面積)が100cm?以上ある場合としています。家庭の中でも、内臓脂肪の測定機能をもつ体重体組成計があれば、内臓脂肪型肥満の可能性をある程度知ることが可能です。もしもお腹のあたりがポコッと出てきたら、自分の内臓脂肪のことも考え始めた方が良いかもしれませんね。

 

ちなみに、BMIという数字がありますが、これはボディ・マス・インデックス、体格指数と呼ばれるもので、日本肥満学会で肥満判定の基準として採用している基準です。その計算方法は、

 

BMI値=体重kg÷(身長m×身長m)

 

となっています。たとえば体重60kgで、身長170cmの場合、「60÷(1.7×1.7)=20.76」となります。このBMI値が25以上になる人をこの基準では「肥満」と判定します。また、BMI値が25以上で、腹囲(ウエストサイズ)が男性で85cm以上、女性で90cm以上ある場合は、「上半身肥満の疑いあり」と呼びますが、この上半身肥満というのは、内臓脂肪の蓄積が多いタイプということを示唆しています。

 

内臓脂肪を放置するとどうなる?

 

内臓脂肪が体に悪いとはよく耳にするのですが、実際にどうなってしまうのかわからない、わからないとダイエットにやる気が出ない、そういう人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、内臓脂肪からかかってしまう病気についてまとめてみました。

 

まず、基本的なことをおさらいしますが、内臓脂肪を放っておくと、病気にかかりやすくなってしまいます。これは、内臓脂肪が作られる過程で血液の中に脂肪が流れてくるために、血液がドロドロになってしまって血管の中を流れにくくなり、場合によっては詰まったりし、ちゃんと酸素や栄養分が全身に行き渡らなくなってしまいます。最終的に、内臓や心臓に負担が掛かってしまい、病気のもとになってしまうのです。

 

このようにして内臓脂肪から引き起こされる病気には、次のようなものがあります。

 

●動脈硬化
動脈硬化とは、簡単に言えば、人間の血管のうち、動脈が硬くなって細く脆くなってしまう病気で、この症状が出てくると、血管が細くなって身体の隅々にまで血液が回らなくなっていきます。そして、脳梗塞や心筋梗塞などの突発的な発作を起こしやすくしてしまいます。軽く考えていると、命に関わる重病に繋がりやすいので注意すべき症状です。

 

●高脂血症
高脂血症とは、その名前の通り血液中の脂質が増えたために血液がドロドロになってしまう病気です。一度高脂血症になってしまうと、そこから二次的に動脈硬化や血栓症などといった病気が引き起こされてしまいます。

 

●血栓症
上記の高脂血症の二次症状としても出てきた血栓症ですが、これは、血管の中にゴミが溜まって血管を塞いでしまう症状です。栓という字の通りですね。これができてしまえば、脳梗塞や、心筋梗塞を発症することもありますので、非常に危険な状態と考えられます。高脂血症になっていると、血液がドロドロになっているので、血栓症に掛かりやすい状態ということになります。

 

●高血圧
成人病の一つにも数えられる高血圧ですが、血圧が高いとどう良くないのかということは具体的にわかっている人は意外と少ないです。血圧が高くなってしまうと、心不全や不整脈などを起こすことがあり、心臓の動きが急に止まったり、脳内の血管が急に切れてしまうなど、生命の危機に繋がる重大な事態を引き起こします。

 

●糖尿病
これもまた成人病の一つに数えられる有名な糖尿病ですが、これは内臓脂肪が溜まっていると、引き起こされやすい病気の一つとして有名です。内臓脂肪が溜まっている人は、血液中の糖分濃度が高まってしまっていることが多く、これによって腎臓などにダメージを与えてしまっています。また、生活習慣上も内臓脂肪の多い人は糖尿病になりやすい糖分の過剰摂取の傾向がある人が多いために気をつける必要があります。

更新履歴